高知市の不動産情報|ライブ > 株式会社 ライブのスタッフブログ記事一覧 > 不動産における分筆とは?土地の一部を売却するメリットや手続方法を解説!

不動産における分筆とは?土地の一部を売却するメリットや手続方法を解説!

カテゴリ:コラム

不動産における分筆とは?土地の一部を売却するメリットや手続方法を解説!

「使っていない土地の一部だけを売却したい」というときは「分筆」という手続きをおこなう必要があります。
分筆とは何のことで、どのようなメリットがあるのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、不動産売却における分筆のメリットや手続きの方法について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における分筆とは?

土地は「一筆」「二筆」と数えるものであり「分筆」とは土地を分けることをいいます。
分筆の手続きをおこなうとそれぞれの土地に対して登記簿が作成されることになるため、土地の地番が別々のものになるのです。
基本的に、1つの土地には建物を1つしか建てられません。
しかし、分筆手続きをおこなうことで、建物を2つ以上建てることができるようになります。
さらに、分筆すると、土地の一部だけを売却することも可能になるため、使い道のない部分の土地を有効活用できるのです。
土地の分筆は、1つの土地を複数の相続人で分けたいときにも有効な手段といえます。

不動産売却時に土地の分筆をおこなうメリットは? 

分筆のメリットは、別々の地目に分けられるようになることです。
通常だと地目が「田」や「畑」の土地に住宅は建てられませんが、分筆をおこなって地目変更すれば、畑の一部に家を建てられるようになります。
また、権利関係についても異なるものを登記できます。
たとえば、土地の所有者の1人が住宅ローンを組む際、そのままだと土地全体に抵当権が設定されることになりますが、分筆をおこなえばほかの所有者とトラブルになることもないでしょう。
さらに、分筆をおこなうことで片方の土地の評価額を下げ、税金を安くできる可能性もあります。

不動産売却における分筆登記の手続き方法 

分筆登記の手続きを個人でおこなうのは難しいため、土地家屋調査士に依頼する必要があります。
まずは事前調査をおこなって土地の情報を確認する必要があるので、登記簿謄本や公図・測量図などの必要書類を用意しましょう。
土地家屋調査士が境界確定測量と分筆案の作成をし、境界標を設置したら、土地分割登記をおこないます。
分筆登記の申請から手続き完了までの期間は約1週間~2週間かかります。

手続き完了後に登記識別情報通知書を受け取ることが可能です。
ここまできたら、あとは通常と同じ方法で不動産を売却できます。

不動産売却における分筆登記の手続き方法 

まとめ

不動産を一部だけ売却したいときは土地の分筆手続きをおこなう必要があるため、メリットや手続き方法をチェックしておくと良いでしょう。
手続きにはある程度の時間がかかるので、早めに確認しておくことをおすすめします。
私たち不動産ライブは高知市で不動産の売買のサポートをおこなっております。
お客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ| 土 佐 山 田 の 貸 家   記事一覧   土地を売却する際の注意したい地中埋蔵物!調査方法・撤去方法をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る