高知市の不動産情報|ライブ > 株式会社 ライブのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却における土地を売るタイミングについてご紹介

不動産売却における土地を売るタイミングについてご紹介

カテゴリ:コラム

不動産売却における土地を売るタイミングについてご紹介

土地を持っていれば「いつかは売ってしまいたい」と考えたことはありませんか?
ですが、売るタイミングはいつがベストか分からないものです。
そこで今回は「所有期間」と「地価動向」から見た土地を売るタイミングについてご紹介します。
売る際の注意点も解説しているため、ぜひ最後までご覧ください。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地を売るタイミング 所有期間

土地を売るタイミングを決める要素のひとつに、所有期間が挙げられます。
売却する際には売却益に応じて、所得税や住民税などの税金を支払わなくてはなりません。
土地の所有期間によって税率が異なるため、低くなるタイミングで売却できれば支出を抑えられるでしょう。
所有期間と税率は「短期譲渡所得」と「長期譲渡所得」の2種類によって異なります。

●短期譲渡所得:所有期間5年以下 所得税30%・住民税9%
●長期譲渡所得:所有期間5年以上10年未満 所得税15%・住民税5%


10年超所有する居住用不動産の場合はさらに税率が下がるため、長く所有すれば税金の負担を減らせるでしょう。
土地を売却する前に所有期間を確認してみてはいかがでしょうか?

土地を売るタイミング 地価動向

地価動向も土地を売るタイミングを決める大切な要素です。
地価が上がれば、売却する際の利益も増えますが、近年は感染症の影響もあり下落傾向にあります。
とくに、人口密度の高い3大都市圏では8年ぶりの下落を記録しています。
今後の動向は誰にもわかりませんが、感染症はいまだに猛威を振るっているため、先行きは見通しにくいでしょう。
地価がこれ以上下がる前に売却したいものですが、前述した所有期間も考慮してタイミングを計る必要があります。

土地を売る際の注意点

土地の売却にはタイミング以外にも注意すべき点があります。
土地の名義が自分になっているか確認しなくてはなりません。
相続などで土地を継いだ場合、名義変更をしていない方もいらっしゃるでしょう。
しかし「自分の名義」でなければ売却できないため事前に手続きを進めましょう。
名義変更手続きの流れは以下のとおりです。

●収入印紙・権利書・住民票・印鑑証明書などの書類を用意する
●登記申請書に必要事項を記入する
●登記申請をする


売却したくても、名義変更を済ませておかなければ売却はできません。
スムーズに売却するためにも、事前に手続きを進めておきましょう。

土地を売る際の注意点

まとめ

土地を売る際のタイミングと注意点についてご紹介しました。
「所有期間」と「地価動向」を考慮してベストなタイミングで売却すると良いでしょう。
また、名義を自分に変更しなければ売却できないため、事前に手続きをしておきましょう。
まずは、お持ちの土地の所有期間を調べてみてはいかがでしょうか。
私たち不動産ライブは高知市で不動産の売買のサポートをおこなっております。
お客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ| 土 佐 山 田 の 貸 家   記事一覧   土地を売却する際の注意したい地中埋蔵物!調査方法・撤去方法をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る