高知市の不動産情報|ライブ > 株式会社 ライブのスタッフブログ記事一覧 > 雨漏りした家を売却する方法とは?告知義務についてもご紹介

雨漏りした家を売却する方法とは?告知義務についてもご紹介

カテゴリ:コラム

雨漏りした家を売却する方法とは?告知義務についてもご紹介

自宅や相続物件を売却しようとお考えの方で、雨漏りに悩みを抱えている方もいらっしゃるのでしょうか。
雨漏りのある住宅は一般の住宅とは異なるため、スムーズに売却するためには対策を講じなくてはなりません。
今回は、雨漏りしている家の売却についてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

雨漏りした家を売却するには告知義務があるの?

雨漏りしている家を売却する際には、雨漏りしている旨を買主に伝える告知義務が発生します。
雨漏りは物件が抱える欠陥などを指す「物理的瑕疵」に該当するためです。
もしも買主に告知をせずに売却してしまった場合、契約不適合責任を問われ損害賠償を請求されてしまうこともあります。
契約が成立しないからです。
契約不適合責任に問われることのないように、買主にきちんと告知しておきましょう。

雨漏りした家をスムーズに売却する方法

雨漏りした家をスムーズに売却するには、雨漏りを修繕してから売却に出す方法が一般的です。
修繕しておけば告知義務も発生しませんので、買主が見つかり次第スムーズに売買をすることができます。
修繕するかどうかを悩んでいる方は、売買を仲介してくれる不動産会社に相談するのも一つの方法です。
また、家を解体してしまって土地だけ売却する方法もあります。
修理の費用が高額になってしまう場合は、建物を解体して更地にしてから売却することで売れやすくなるのです。
しかし、建物の解体にも費用がかかるのでそちらも合わせて修繕するか、更地にするか検討しましょう。

雨漏りした家を不動産買取で売却するメリット・デメリット

雨漏りした家は、不動産買取業者に買い取ってもらうこともできます。
不動産買取で売却するメリットとしては、買取までの流れがスピーディという点です。
相続物件などをすぐに不動産を売却したいとお考えの方におすすめです。
デメリットとしては、買取価格が安くなってしまうということです。
一般的な不動産売却とは違い「買取」という形になってしまうのでどうしても価格は落ちてしまいます。
不動産買取で売却するメリット・デメリットをしっかり理解するようにしましょう。

雨漏りした家を不動産買取で売却するメリット・デメリット

まとめ

今回は雨漏りしている家の売却についてご紹介してきました。
告知義務があることや、スムーズに売却する方法を知ることで、トラブルや損がないように売却を進めることができるでしょう。
どうしても売却が難しいと感じる場合は、買取価格が下がってしまいますが、買取業者を検討してみましょう!
私たち不動産ライブは高知市で不動産の売買のサポートをおこなっております。
お客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ| 土 佐 山 田 の 貸 家   記事一覧   土地を売却する際の注意したい地中埋蔵物!調査方法・撤去方法をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る